• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
INFORMATION
    *なんだあいつ、
    グリーンピースみたいなヨメ連れて。
    *グリーンピースじゃない、
    あれじゃ胡麻だ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の弁当は、竹輪のチーズ焼き、サバミリン、ゴボキン(牛蒡と人参と隠元のきんぴら)、豚肉と白菜と水菜とシメジの炒め物、ウスターソースをからめたゆで卵でした。
 晩ごはんは焼きうどん(醤油味)を準備しています。
 夫に
「ケチャップ味と醤油味とどちらがいい?」
と問うと、
「醤油」
とメールが返ってきたので
「オーケー、ウスターソース味で」
と返しておきました。
 醤油で作るけど。

 ものごとは多分ネーブルオレンジみたいな球体であり、教育という場において「教科」というかたちでくし型に切るから覚えることがたくさんあって学生は大変な事になるのであり、自宅ではいっそ輪切りにして仕舞った方がラクなんだとあたしは信じていたし、今もそう思う。
 だからあたしにとって、年号という4つ(乃至2~3つ)の数字の羅列は理解できない存在であった。
 此の辺の時期に母が生まれて、此の国はこんなかんじで、外交はこんなかたちで、こんな作家がこんな本を書いて、こんな曲が流行って、余所の国は大体こんなもんだった。
 そんな関連付けをしないから、徹夜して勉強なんて可哀相な事に為るのだと思う。
 あたしは日本史の授業ではノートをとる代わりに年表と統治者の家系図を大きな紙に作り、其れにナントカの乱だの書き込んでいた。教師もなかなか気味の悪い男だったけれど、あたしの遣り方をきちんと評価してくれた。そういった意味では広い目を持った優秀な教師だったのだろう。仏像マニアで、おまけにあたしの見間違いで無ければホモ・セクシュアルだったけれど。

 そんなあたしは結局大学には行ってません。多分あの学校ではいちばん期待を掛けられて居たのだけれど、志望校以外の大学に行く心算等さらさら無かったのだから仕方ない。

 という訳で、あたしは今春の午後の歴史の授業中みたいにぼんやりしています。
 「3合、3合」
と呟き乍でないと、現在自分が一体何合の米をといでいるのか判らなく為る程に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。