INFORMATION
    *なんだあいつ、
    グリーンピースみたいなヨメ連れて。
    *グリーンピースじゃない、
    あれじゃ胡麻だ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「サノバビッチ!」は、日本語に置き換えると位置的には「オマエのかぁちゃん、デベソ!」といったところに為るのかなと思いました。
 そう捉らえてみると可愛いなという気がしなくもないですが、実際米国にて此の単語を言われたら、「オマエのかぁちゃん、デベソ!」なんて暢気な事思い浮かべてフフフとか笑ってる場合じゃない様な気がします。
 然し彼方の国には、相手を母親込みで攻撃する罵声が充実してるみたいですね。
 村上春樹氏『うずまき猫のみつけかた』によると、サノバビッチの複数形は「サンズオブビッチェズ」らしいです。
 よく一息で長々と吐き捨てる様に舌を噛まずに罵倒できるなと思います。
スポンサーサイト
 あたしが戦線離脱につき、数年振りにクリスマス的バターと苺と粉の匂いのしないクリスマスでした。
 睡眠不足は今年もですが。
 因って昨夜は少し酒を飲みました。夫と乾杯したのです。
 あたしはHEINEKEN、夫はカクテルパートナー。
 晩御飯は味噌煮込みうどんでした。
 大体に於いて、生きるということは卸し金の上に其の身を置いて踊って居る様なものだ。

 苛々したく無ければ、他人に期待をしなければ良い。
 自分の人生と、自分ではないひとの人生との区切りを明確にしようとつとめ、他人の人生に口出しをしなければ、争う事も極端に減る。
 そして、例え誰かを信頼しているとしても、決して信用してはいけない。
 個人的に、誰ひとり何ひとつ信用なんてしていない人間はきっとカナヅチだと思う。彼女(若しくは彼)はきっと、浮力さえも信用してはいないのだ。
 つまり、あたしのカナヅチは根本的に信用するという行為が欠けているところに由来するものだとあたしは信じている。
 自分さえ信用出来ないのに、いったい何を信用出来るというのか。

 そして娘にはあたしの様には為って欲しくない。

 関係ないですが今夜は思いつく限りの具を放り込んだ焼きそばです。
 レシピについて。
・オイスターソース小匙1
 昨日の弁当は、蓮根のきんぴら、ほうれん草茸ベーコンのバター醤油炒め、南瓜の煮物、ベビーハムのチーズ焼き、ししゃもでした。
 晩ごはんは出鱈目中華でした。残り野菜の似非炒飯(卵、残りのベビーハム、玉葱、葱、ミックスベジタブル、ピーマン)、ほうれん草と玉子の中華風スープ、鶏のグリル・あんかけ。此のグリルがヒットでした。皮はぱりぱりに焼けて、余分な脂も落ちて、あんかけの方もいちど何処かで食べた白身魚の甘酢あんかけが美味しかったのを思い出して、適当に作ってみたら非常に近い味に仕上がりました。白髪葱を添えて、夫も「もういちど食べてみたいな」と言ってくれたので満足でした。
 ~参考までに、出鱈目甘酢あん~
・水100cc
・黒酢(中国のもの)小匙1
・醤油大匙2
・蜂蜜大匙2
・スウィートチリソース小匙2
・すりおろし大蒜
・  〃  生姜
・ラー油
分量の割合はそんなもんでした。後は煮詰めて水溶き片栗粉でとろみをつけるだけ。

 今日の弁当は竹輪の隠元チーズ詰め、鮭マスタードチーズ焼き、ベーコンのブラウンえのき巻き、南瓜とミックスベジタブルのグラッセ、青梗菜と玉葱しめじウインナの中華ダシ醤油炒め。
 晩ごはんは鶏の唐揚、豚と白菜の薄味煮、茸と里芋の味噌汁の予定です。

 明日と明後日は夫は休みの筈が、助っ人出社する羽目に為りました。不憫で為りません。弁当が要らないので、比較的時間が空きました。
 因って、今から炬燵で娘と転寝でもしようと思います。
思いっきり剥がして仕舞った耳の中のカサブタ。

 今日の弁当は鶏じゃが、玉葱ピーマンじゃこ天の炒め物、ブロッコリーとウインナとしめじのにんにくバター醤油炒め、南瓜のチーズ焼き、ベーコンのえのきいんげん巻でした。
 晩ご飯は豚丼と、夫にプラスお蕎麦を予定しています。
 前述の通り、耳から血が出た梅子です。日月と、雪だとよ。厭です、そんなの。
 未だ晩ご飯も明日の弁当の支度も完成してないのに、娘の授乳中で手が離せません。毎日が同じ事の繰り返し、乗車率120%というかんじですごいはやさでぶっ飛んでいきます。よくこなせるなぁとか思いながら、毎日無理矢理こなしてます。
 最近娘がよく喋るので楽しくて仕方ありません。あーとかうーとかぶーとかいう会話をしています。
 気付けば2時間とか経ってて恐いです。
 最近食欲ががっくり落ちました。眠たくて仕方ありません。
 濃~いカフェオレでも飲んで、残る家事をなんとかしようと思いますよ。
 梅子は別にホモ・セクシュアルを批判するものではありません。
 前記事の表現により気を悪くなされた方には深くお詫び申し上げます。
 今日の弁当は、竹輪のチーズ焼き、サバミリン、ゴボキン(牛蒡と人参と隠元のきんぴら)、豚肉と白菜と水菜とシメジの炒め物、ウスターソースをからめたゆで卵でした。
 晩ごはんは焼きうどん(醤油味)を準備しています。
 夫に
「ケチャップ味と醤油味とどちらがいい?」
と問うと、
「醤油」
とメールが返ってきたので
「オーケー、ウスターソース味で」
と返しておきました。
 醤油で作るけど。

 ものごとは多分ネーブルオレンジみたいな球体であり、教育という場において「教科」というかたちでくし型に切るから覚えることがたくさんあって学生は大変な事になるのであり、自宅ではいっそ輪切りにして仕舞った方がラクなんだとあたしは信じていたし、今もそう思う。
 だからあたしにとって、年号という4つ(乃至2~3つ)の数字の羅列は理解できない存在であった。
 此の辺の時期に母が生まれて、此の国はこんなかんじで、外交はこんなかたちで、こんな作家がこんな本を書いて、こんな曲が流行って、余所の国は大体こんなもんだった。
 そんな関連付けをしないから、徹夜して勉強なんて可哀相な事に為るのだと思う。
 あたしは日本史の授業ではノートをとる代わりに年表と統治者の家系図を大きな紙に作り、其れにナントカの乱だの書き込んでいた。教師もなかなか気味の悪い男だったけれど、あたしの遣り方をきちんと評価してくれた。そういった意味では広い目を持った優秀な教師だったのだろう。仏像マニアで、おまけにあたしの見間違いで無ければホモ・セクシュアルだったけれど。

 そんなあたしは結局大学には行ってません。多分あの学校ではいちばん期待を掛けられて居たのだけれど、志望校以外の大学に行く心算等さらさら無かったのだから仕方ない。

 という訳で、あたしは今春の午後の歴史の授業中みたいにぼんやりしています。
 「3合、3合」
と呟き乍でないと、現在自分が一体何合の米をといでいるのか判らなく為る程に。
 間もなく、あの呪われた様な不思議な祭が始まります。
 クリスマス祭。
 去年のクリスマスは例年通り実家(ケーキ屋)を手伝い、忙しさのあまりインフルエンザに罹患している事にも気付かず、夫(結婚前)と会う約束も果たせずにインマイ寝床で年を越した梅子です。ボンソワ。今年は娘がまだちーさいので、両親から戦力外通告をされました。
 同じ頃、後輩がとくべつなひとと過ごした挙句にフラれたみたいです。
 迷える後輩に、どなたか「狙った女に必ず逃げられるという呪いを解く方法」を教えてあげてください。痛々しいこと太宰治の如しです。

 クリスマス笑っちゃう祭の翌週には寺の鐘の音で煩悩を忘れ、次の瞬間から遍くカミサマに新たなる煩悩のお願いをしに神社へと群がり列を為すのです。不可解です。
 序に書き初めで七夕の短冊も書いて仕舞へば良いとか思います。

 ところで、両親が来ると果物がわさわさ増えます。
 今日は両親の週にいちどの買い出し日。「何か要るものはないか」と電話が有ったので「ゴボーウがー欲しーいー」と告げると、林檎とオレンジと食パンとゴボウを買ってきてくれました。
 オレンジジュースにりんごヨーグルト、チーズトースト、ゴボウの味噌汁が出来ます。オリエンタルコンチネンタルブレックファーストとかいうんじゃないかなと思います。
 問題は、置いとく場所です。

 そうこうして居るうちに日が暮れました。
 弁当の支度もごはんの支度もあらかた済んだので、少し寝ててもいいですか?
 今日の弁当は寝坊の為おかずおにぎりで、具はすき焼き的炒め物でした。
 晩ごはんはカマスの干物、豆腐とわかめの味噌汁、山菜ごはん、韮の半熟玉子とじの予定です。
  雨なので例によって娘の洗濯物に埋もれている梅子です。レンジでチンしたお粥がアチチで涙目です。
 先程から近所のお子様方が雨で退屈したのか、此のアパート密集地帯の全ての階段を隈なく駆け回って遊んでいます。一体どういうルールなのか、只の競走では無いようです。はっちゃけた子供の世界はもう此の年齢に為っては理解できません。うすた京介氏の漫画の世界は現実にはこんな風ではなかろうかと思います。2日オールで二日酔いの儘出社してフルに働き帰りに復た夜遊びしていた頃の底無しの体力を返して。
 風邪でぐったりです。
 今日の弁当は、略式叉焼、竹輪いんげんチーズ詰焼き、南瓜とミックスベジタブルのカレーソースグリル、ブロッコリーとウインナのにんにくバター醤油炒め、玉葱としめじと水菜と豚肉のあっさり中華風炒めでした。
 晩ご飯はツナマヨとだし巻たまごを具にしたサラダ巻と、さつま汁でした。
 夫はサラダ巻2本食べました。

 食後、娘を抱いた儘満ち足りたきもちのあたしは夫に、
「ねえ、あたし幸せよ。」
と呟いてみました。

 其の時夫は、飲んで居たチューハイの炭酸にむせて物凄い顔してました。
 ぶち壊し野郎です。もうほんと。
 今日の弁当は、焼いためんたいこ、鮭マスタード焼き、コーンのチーズ焼き、ゆでれんそうゴマダレ、鶏じゃが(いんげん入り)、冷凍南瓜croquetteでした。
 晩ご飯は引き続きカレーです。

 Hi、咳が再び出始めた梅子だよ。雨降りは嫌いです。洗濯物が意地でも乾かない。
 本当は軽く買物に行きたかったのに、ダミです。何此の雨、大嫌いだ!
 娘共々、乳反吐に塗れて居るよ。やあ、きりんさん。調子は如何だい。きみの居た、暑くて乾いた大地とは正反対な国で申し訳ありません。

 眠い。死ヌ程眠い。
 今日の弁当は、豚バラのポテト巻(マスタード付き)、竹輪チーズ詰め七味焼き、牛コマと玉葱とししとうのすき焼き風炒め、ごぼうと人参といんげんのきんぴら、ブロッコリーとベーコンのにんにくバター醤油炒めでした。
 今夜はカレーを作ろうと思うのですが、夫は会社の食事会があるかもしれないとの事。
 …昨日迄何等正式な通達が無かった為時間も場所も判らず、「シフト埋めといてね」と言われても埋め様も無い。と、夫はげっそりしてました。
 さて娘は今あたしの腕の中でにこにこ笑いながら口開けた儘うにゃうにゃ寝言を呟きつつ寝ています。
 乳を与える前に、いちにちいちどの果汁をあげたのですが、りんごもみかんももももそこそこ飲んでくれたのに、プルーンだけは口に含んだ途端
「なんじゃこりゃ!!」
と物凄い顰めッ面に為り、2匙目からは断固拒否。
 クセのある果物ですから仕方ないのかも知れません。
 もっと果汁に慣れた頃にもう一度試してみようと思います。
 因みにあたしはプルーン大好きです。

 昨日夫にコンビニ払いを1件お願いしていたら、お土産に阿蘇小国ジャージー牛乳バニラプリンを買ってきてくれました。
 夫のお土産は大体いつもあたしの好みをピンポイントでヒットするので幸せです。此のプリンとの出会いだって、出産後入院中に夫が買ってくれたもの。
 どうしてあたしの好きそうなものがそんなにはっきりわかるのか不思議でならんとです。
 と言う訳で、今娘とあうあうむにゃむにゃと会話しながら其のプリンをぱくついて居る次第です。
 あぁー…しぁーわせー…
 今日の弁当は、茹で(ブロ)ッコリーのマスタードマヨ添え、煮た南瓜と絹さや、豚コマ玉葱水菜シメジエノキの甘辛炒め煮、こんがり黒~く焦がしたサバミリン(炭化した皮は除去致しました)、竹輪の枝豆チーズ焼きでした。
 今夜は手抜きさせてもらおうと、蕎麦ときのこご飯(素を祖母に貰ったのですよ)に致しました。今ごはんの炊けるいい匂いがしています。
 どうも体調が優れなかったので、明日の弁当はおかずおにぎりで良いか夫に訊いたところ「可、也」という返事を頂いて居たのですが、先程矢張りぱたぱたと弁当の支度を致しました。
 だっておかず残らないと、あたしは自分の分をまめにこさえる程食べ物に興味を持って居ないので困るのです。実はもうなんか噛むのがだるくて拒食症に為った経験が有る程の面倒臭がりなのです。完全に母乳育児なのも、ひとえに哺乳瓶の管理が面倒だったからなのです。足りる程度の母乳が出せる、祖母からの遺伝子に感謝して居ます。
 今日の弁当はシシャモ、はんぺんチーズ焼き、焼き鳥(モモ・タレ)、南瓜コロッケ、牛肉メンマ玉葱青梗菜獅子唐のオイスターソースピリ辛炒めでした。手が誤算で、豆板醤がかなり入った為炒め物が涙も出ようかと言わんばかりに辛く為りました。ごめんなさい夫。
 今夜は母がフライドチキンを買ってきてくれたので、溺愛の揚げられた鶏とすりおろされた大根と根菜満ち溢れる里芋牛蒡葱の味噌汁にしようかと思います。

 病院に行っている間、両親が娘をあやしてくれていました。
 ありがとう。重たいから腕が疲れた事でしょう。
 色々と買い物を頼んだのですが、先日99円で購入したマスタード1瓶を上納品として快く受けてくれました。

 師走ですね。夫のおやつ籠が、みかんでもりもりに為りました。
 母が来ると矢鱈と果物が増えます。

 一昨日致命的な汚れ方をしたキッチンマットや、トイレマットと便座カバー、風呂上りマット等を洗い、スノコを干したりしました。
 つくづくじっとしてないあたしだと思いました。

 もう直ぐ今年も終わりますね。薬の所為で椅子に座った儘眠りそうなので、今日は此の辺で勘弁しておきます。
20061204230604
 弁当はありませんでした。
 朝ご飯は昨日の鍋残りで雑炊を作りました。晩ご飯はラーメン、餃子、ごはんでした。ラーメンの具に似非叉焼を作りました。

 何故か咳が出始めた梅子です。こばわ。咳なぞ迷惑なだけなので勘弁して頂きたいです。
 そして明日の夕方仕込む弁当のおかずはなんにしようか悩みます。
 今日は買い出しに行ってきました。
 キューピーのマスタード(瓶)が1本99円でした。
 びっくりしました。
 昨日のお弁当は、ちくわのチーズ焼き、鮭マスタード焼き、もやしと甘とうがらしと牛肉のオイスターソース炒め、独芋(似非ジャーマンポテト)舞茸しめじ入り、ゆで(ほう)れんそうゴマダレだったようです。晩ご飯は麻婆豆腐、小松菜と葱と鶏肉と春雨のスープでした。おかずをたくさん用意できなかったので、夫はかなりの量のごはんつぶを平らげました。
 今日のお弁当は、焼いた明太子、ししとうのツナマヨ詰め焼き、ベビーハムのチーズマスタード焼き、南瓜ときぬさやの煮物、ゴボキン(牛蒡きんぴら)、冷凍のナムルでした。晩ご飯は、鍋です。味付の、鍋。

 自慢にもなりませんが、梅子は物心ついた頃から鍋といえば水炊きでした。他の鍋を知らなかったのです。鍋とは「昆布の入ったお湯に豆腐だの鶏肉だの白菜だのがぐつぐつされててポン酢で食べるもの」だと思っていたのでした。味のついた鍋は、「そういう料理なんだ」と、特殊なものであると思っていたのです。
 恐ろしいことです。
 ひとえに母が水炊きが好きなだけなんですよ。我が家の場合は。
 他にも、「おでんとは鰹節と青海苔をまぶして食べるものなのだ」とか、母の好みの所為でいい歳こくまで標準だと思っていた特殊な事例が多々あるのです。
 さて、うちの娘は料理に関してどんな感覚を持って育つのでしょうか。
 今日のお弁当は、はんぺんのチーズ焼き、甘とうがらしのツナマヨ詰め焼き、ベーコンのポテトいんげん巻き、玉葱と小松菜と豚肉の甘辛炒め、南瓜とミックスベジタブルのグラッセでした。炒め物は七味を入れてみました。入れすぎた気配でした。
 今夜はやっと大根と蛸の煮物、めんたい巻きの出し巻きたまご、葱と豆腐の味噌汁にしました。夫は米一合食べました。好評で良かったです。

 娘は午前中は比較的ぼけぼけで扱いやすかったので、今日は仕込から何からを日中に済ませて仕舞い、掃除等を午後から遣ってみました。そしたら思ったよりスムーズに家事が進むので、もっと早くに試して居れば良かったな、と思い乍、明日も其のパターンで行こうと思ったのでした。
 何しろ、炬燵で寝る余裕が有ったのです。素晴らしいことです。4時間時間が取れました。
 30分眠れました。
 なかなか寝かせてくれないのです、此の娘は。
 今日はアッパー7発、眼球に左右計4発のパンチを食らいました。家庭内暴力です。だけど可愛いのです。
「あー、うー、くー」
と話しかけてくるのです。きらきらした目で。暫くお話していると、あたしを見つめたまま
「げぽ。」
と乳を吐きました。
 着替えたばかりの服が大変な事に為りました。
 可愛くて仕方ないです。覚えてろ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。